ブログトップ

アラスカ・フェアバンクス日記

akaurora.exblog.jp

オーロラ・ボリアリス・ロッジの熊谷ファミリーのベース、フェアバンクスとアラスカでの生活と遊びの日記です。

<   2012年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

あまり歯医者にお世話になっていない我が家ですが、耕太が前歯が痛い痛いと言いはじめました。ははーん、確かに裏側に小さな虫歯が。

ドクター・マイクと助手は奥さん。「ヘーイ、コータ。グッド・ボーイ!」と声をしょっちゅうかけながら着々とやってくれます。
a0139848_179515.jpg

ライトが眩しいからとちゃんとサングラスまで用意してくれます。

治療すること1時間弱。気持ちいいのか耕太もいつの間にか寝てしまいました。
終わったあとは、おまけ箱から好きなおもちゃ(風船とかシールなど)を二つ選べ、子供のハートをゲット。帰りの自動車の中で、「また歯医者に行きたいな。」と耕太。うーーん、あんまり行かない方がいいんだけどなあ。
[PR]
by auroracabin | 2012-07-31 17:13 | 生活
おととしからロッジの隣の土地にログ・ハウスを建てているパートナーのローガン。
僕はたまーに手伝っていたけど、基本的にはノータッチ。でもログハウスの丸太と丸太の間にChinkという粘土のような素材のものを浸水や風、寒さよけにつめるのですが、これを業者に頼むと5000ドルかかると言われたのです。「ひえ~!!2000ドルくらいかかるかなと思っていたけどたまげた!」と言う話をローガンとして、まあ、それなら合間を見てChinkをやってあげるよ、と久しぶりに手伝うことにしました。
一気に頑張ると次の日疲れるので(すっかり無精者になってしまった)、一日2,3時間ちょこちょこと手伝っています。
a0139848_1711515.jpg

耕太も手伝いの真似事。
a0139848_17115535.jpg


ローガンはALSという筋肉を動かす神経がどんどんと衰えてしまう、という難病なので今は自分で金槌を振ることも出来ないのですが、友達を雇って コツコツ頑張っています。
2年前までロッジに住んでいたフランクもちょこっと手伝いに来ました。
a0139848_17142535.jpg


中もいい感じです。秋には完成?
a0139848_1715527.jpg

ローガンは当初は家として建てていて、それを売って、今度はアパートを建てるんだ、なんて言っていましたが作っているうちに愛情が沸いてしまい、やはり手放さず この冬からはオーロラ・ボリアリス・ロッジ宿泊施設の1軒としてオープン予定です。また時期が近づいたらアナウンスします!
[PR]
by auroracabin | 2012-07-30 17:19 | 生活
冬はよくスキーに行っているのに夏はほとんど隣近所とも言えるスキーランドには行っていませんでした。犬を2匹預かっていたので犬の散歩がてら行ってきました。
道路からスキーコースにつなぐ小道を行きますと…
a0139848_16582952.jpg

ゲレンデに出ます。
a0139848_1703142.jpg

これはコースマップにあるバッドワイザーロックというあたり。
バックにゲレンデのコースが見えます。
a0139848_1711262.jpg

a0139848_1714125.jpg

ちょっとスリリング?

でも近場にほどよい散歩コース。今度は自転車で行ってみようと密かに思うのでした。
[PR]
by auroracabin | 2012-07-30 17:04 | 遊び
近いのに意外と行っていないデナリ国立公園。フェアバンクスから約200キロ南、車で2時間ほどです。
前日の思いつきで昼ちょっと前に出発。予定では軽くハイキングして、そしてお気に入りのレストラン「229 Parks」で夕食。
出発したフェアバンクスはいい天気だったのですが、南下してアラスカ山脈に近づくと天気は下り坂。デナリ公園内の道路に入り、一般車が入れるSavage Riverの駐車場に着くと…ザーザーの雨。はあ~、こんなんだったらフェアバンクス近辺のどこかに行けばよかったかな、と一瞬思うものの東の空が少し明るい。
車内で20分ほど待っていたらなんと雨がやみました。すると途端に周りの車の中からも人がぞろぞろ。みんなも雨をしのいでいたのですね。

コースはけっこうもくもくと登ります。駐車場の地点からツンドラ内なのでほとんど木の茂みをとおることなくずっと視界が利きます。
a0139848_843948.jpg


歩き始めて45分ほど、最初のピーク(?)にたどり着きました。すると
a0139848_853934.jpg
a0139848_8639.jpg

今まで西側の景色しか見えていなかったのが一気に開け、大パノラマが!

これには枝里子も大感激!というわけではないのですが、枝里子は背負子で終始上機嫌、または寝ていました。
a0139848_86531.jpg


雨がポツリとまた降り始めたのでちょっと急ぎ足で下山。
40分ほどで車に到着。そして5分ほどするとまたもや大雨。ほっ。

さて、これからは本日のハイライト・パート2です。
実は今日は結婚記念日でもあるので、そのお祝いディナーをと229に来ました。

a0139848_8104570.jpg

a0139848_811563.jpg

ラム肉、牛肉…そう、僕らは肉好き。
ステーキはトリュフのバターソースでいただきます。
相変わらず美味しい。

この後また約3時間のドライブで家に戻るわけですがとても充実した7日でした。
[PR]
by auroracabin | 2012-07-20 08:14 |
ごくたま~にテレビに映ることがあります。最近ではBS日テレで「ワンダーエアポート」という世界の空港とその街を紹介する番組で、フェアバンクス空港のときにオーロラ、そしてオーロラ鑑賞するところ、ということでうちが出ました。すると嬉しいことに友達やお客さんから、「テレビで見たよ!」と連絡があります。

その逆バージョンというか…6月25日、隣の部屋からローガンが、「トラベル・チャンネルで北海道を紹介するよ!」と大声で知らせて来ます。お昼ごはんもすんだし、たまには旅行番組でも見るかなとそのチャンネルに合わせます。Travel ChannelのAnthony Bourdainが世界中を食べ歩きして紹介する番組です。

北海道の海の幸が実に美味しそうに紹介されます。
そして舞台はニセコ。ほー、ニセコだあ。友達が結構住んでいるの余計テレビに釘付け。

さらにニセコの小さな居酒屋です。すると現地を案内する人が、あれ、Tomoki君だあ~。
一緒にAnthony Bourdainと飲んでいる!
慌てて亜希子も呼びます。二人で画面を見て、「おお~~!!」と大喜び。

さらに次の日はソバ屋にABを案内しています。一緒に蕎麦食べてる!
a0139848_1982832.jpg


まさかアメリカのアラスカのこんな田舎で全国ネットの番組に知っている人が出るとかなり嬉しいものですね。
ちなみにTomoki君はニセコでバックカントリー・スノーボード&スキーのガイド会社を営んでいます。
www.powcom.net 
ニセコのみんな、元気かな?
[PR]
by auroracabin | 2012-07-17 19:12 | 生活
夏至の日近辺のビッグイベント、10kmレースのミッドナイト・サン・ラン。毎年3,000人以上参加します。今年はどうしようかなあ、と悩みつつ前日に登録。ラン=走る ですが、走る人、歩く人、半々くらいです。
優勝者はだいたい32分くらい(オリンピックでは10kmを26分台で走る)。

このレースは夜10:00PMにスタート。明るい夜に走るのが特色です。

亜希子は6年ぶりの参加です。子供二人&バギーカー&背負子!大変。
僕は健康のバロメーターとして1時間を切れるかどうかを目的にしているので 先に走らせてもらい、終わってからは引き返して 子供アシストです。
a0139848_356386.jpg

7キロ地点くらいで合流。ところがうまいこと子供達が二人ともバギーカーに収まっています。

歩いてこのコースを通ったことがないのですが、ゆっくり見渡すと近所の応援/見物している人を見れておもしろかったです。中には生バンドを用意して鑑賞が大イベントになっている家も何軒かありました。

巨大なキャンプ椅子に座る応援者、それに駆け寄る 仮装走者(男です)。
a0139848_414514.jpg


いよいよゴール間近!タイムは2時間ちょっと。
a0139848_422868.jpg


やった~。おめでとう!
[PR]
by auroracabin | 2012-07-11 04:04 | 生活
今日は北半球では一年で一番日の長い日です。
フェアバンクスでは日の入り0:50AM。
a0139848_525251.jpg



a0139848_5264488.jpg

子供達よ、早く寝ておくれ。日が沈んでもまだ明るいです。

日の出は2:55AMくらい…ですが、さすがの夜更かし一家もその頃には寝ています。
[PR]
by auroracabin | 2012-07-09 05:28 | 生活
夏至は6月21日。白夜のフェアバンクスだとやはり1年で一番日の長い日は何かイベントをしたいものです。今回はちょっと早めにチェナ川上流でラフト&キャンプをしました。数年前からこの時期に恒例になりつつあるイベントで、ローガンと両親とその友達、ととにかく「チェナ川上流河岸でキャンプしているから来たい人はいつでもどうぞ!」と言ったテーマのキャンプです。ビール、ワイン、食事はふんだんに持って行き、ラフトやカヤックもみんな持ち寄りです。

昨年は大雨で川は大増水。この岸がほとんど川に沈んでしまったのですが、今年は快晴。そして暑い!毎日ほぼ28℃ありました。
a0139848_1813647.jpg


ちょっと2時間半ほどラフティング。
a0139848_1816386.jpg


暗くはならないけど日が沈むとやはり冷えるのでキャンプファイヤー。
a0139848_18171497.jpg

これで深夜0:00ジャストです。

そして夜冷え込んで寝袋に包まって寝るわけですが、日の出は午前3時頃。太陽がどんどんテント内を暑くし、朝は結局寝苦しくて目が覚めてしまいます。
まあ、子供達はそれでも熟睡ですが。
a0139848_1821358.jpg

枝里子、初テント泊です。(キーナイ半島では車中泊だったので)

暑くてシャツなしで過ごしていたら、何年ぶりかに肩、背中、そして胸が日焼けでヒリヒリ。
フェアバンクスの夏は侮れませんなあ~。
[PR]
by auroracabin | 2012-07-07 18:22 | 遊び
ロスアンゼルス10:40AM発。ありがたいノンストップでアンカレッジ3:00PM着。1ヶ月半ほど前に空港の長期駐車場に停めておいたバンのバッテリーを繋ぐと…1発でかかる!やったあ~。アラスカに戻ったあ!友人宅にお世話になることになり、とりあえず荷物を置きに行き、ちょっと休ませてもらいましたが、2時間くらいして急遽 フーリガン捕りにいく事にしました。これはけっこうタイミングが大切なので1日外れると全然捕れないこともあるのです。車に乗り込み1時間ほどで20Mile Riverに到着。
a0139848_15441468.jpg

天気もよく、昨年の大当たりほどではないのですが1回網を通すごとに確実に2匹以上は捕れます。調子のいい時は必要以上についつい捕ってしまうので、ここは少しブレーキをかけて今年は100匹ほどで終了。さて、戻りますが、と途中で合流したモッチャン親子とアンカレッジ方面に向かい始めたら彼女曰くまだ山菜が採れるかも、とのこと。ほーほー。これまた帰路途中、車を寄せ探してみると…
a0139848_15511825.jpg

意外とまだありました。タラの芽です。軍手の準備もしていなかったのでトゲに気をつけながら採る女性軍。写真はまるでセールの戦果を比べているように見えますが、採った山菜を見せ合っているのです。

6月6日はいよいよホーマーまで南下です。4時間のドライブです。この日からキャンプ生活が始まります。
7日は早朝から友人のボートでハリバット釣り。思っていた以上に竿や探知機などの機器も揃っていて実はびっくり。ハリバットのポイントもよく知っていて、釣りは大成功!ハリバット(大カレイ)はアラスカの名物魚で、フライにすると実に美味しいのです。
a0139848_1557553.jpg

フィッシュオン!
ホーマーはとてもきれいな港町で、晴れた日に来た人の大半は、「はあ~ここに引っ越したい」と思うような町です。魚介類は豊富、周りは氷河に覆われた山があり、ちょっと遠いながらもアンカレッジまで車でも行けるという便利さ。美味しいレストランも今回発掘しました。
a0139848_16447100.jpg

夕食後は干潮のビーチを散歩。

6月8日(金)、ホーマーから50キロほど北にあるニニルチックに移動。ここは土日月とキングサーモン釣りが出来ます。ですのでこの夜の0:00AMからは釣りが出来るのです。一人2匹までです。ところが今年はキングが非常に少なく、ほとんど釣れていない、と聞いています。まあ、今週はその分、よくなっているだろう、と思いつつはじめると…本当に釣れていないのです。たまに泳いでいるのは見えるのですが、過去にこんなに釣れていないのは見たことありません。丸1日で周りで見る限り釣った人は一人か二人。それ以前にあまりにも釣れていないので、釣っている人自体もほとんどいないのです。「はーー、噂は本当だったのかあ。」とちょっとがっかりしつつ、実はハリバットがばっちりあるのいつもほどは気にならなかったです。
というわけで釣りの写真はないけど、キャンプの写真を1枚。焚き火でマシュマロを焼く子供達。
a0139848_16113791.jpg

ちなみにフェアバンクスの友人トーチン&ユミチン夫妻は前の週にそれぞれ2匹ずつキングを釣り上げ、ちょっとした伝説のカップルとなっていました。

キングは釣らずに結局日曜日のうちにアンカレッジに北上。あとはアンカレッジでちょっとゆっくり過ごしました。亜希子の大学時代の旧友に会ったり、買い物したり…
a0139848_1614082.jpg

友人の息子のジャック君は僕はアラスカ1背の高い6歳児と呼んでいます。

そして6月12日、いよいよフェアバンクスに向かって車を北上させました。
[PR]
by auroracabin | 2012-07-02 16:19 |